羽子板

  • 羽子板

    新春の慶びの羽子板
    初正月の祝いとともに。

生まれて初めて迎えるお正月。 無病息災の願いをこめて、 女の子へ贈る美しき羽子板。

生まれて初めて迎えるお正月。
無病息災の願いをこめて、
女の子へ贈る美しき羽子板。

羽子板は、災厄や病気に遭わず無事に成長するようにという願いを込めて、生まれて初めての正月を迎える女の子に初正月のお祝いとして贈られます。

友禅や金襴などの生地で作る絢爛な羽子板は、お正月の祝いに華やかさを添え、お正月の羽根つきは、江戸の昔から女の子の遊びです。
さらに羽子板の歴史は古く、七世紀から宮中で行われていた「毬杖(ぎっちょう)遊び」が起源と言われています。

羽子板でつく羽の玉の部分、黒くて堅い玉は「無患子(むくろじ)」という大木の種です。
「子どもが患わない」という意味が込められているのです。

 羽子板は「魔を跳ね返す」という意味もあります。
お正月の祝いと共に、子どもの誕生と幸せを祈って贈る、日本古来の美しき風習です。 

大きなイメージがありますが、現在では小さなサイズや、壁掛けタイプのご用意もございます。
ぜひ一度お手にとってご覧ください。

羽子板の選び方

多くの羽子板は、ケースに収納されていますが、スタンドが用意されていたり、裏面にも絵が描かれていることからケースから取り外して裏面も見えるように工夫されているもの、さらにスペースを気にせずに飾っていただける額入りの壁掛けタイプのご用意もございます。

設置場所などに決まりはありませんので、ご家庭のインテリアやスペースに応じてお選びいただき、お飾りいただけます。


カタログ
請求


FAQ