これさえ押さえておけば安心! 正しい雛人形のしまい方!! - トピックス : 五月人形、雛人形販売なら神奈川の老舗人形専門店|福田屋人形店
お問い合わせ 電話番号:0466-23-3131

これさえ押さえておけば安心! 正しい雛人形のしまい方!!

ひな祭りが終わった後にすることといえば…そうですが飾ってある雛人形をしまうことです。雛人形は繊細に作られていて、綺麗な状態を保つにはお手入れが欠かせません。しかし、正しく収納すればカビの発生や汚れを防ぐことができます。ここでは雛人形の正しいしまい方のポイントをご紹介させていただくので、シッカリと覚えて雛人形を大切にしましょう。

いつしまえばいいの?
まず、しまう時期ですが3月3日を過ぎたら、なるべく早くしまいましょう。早くしまう理由は雛人形が傷んでしまうからです。しまうのが遅れると「結婚が遅れる」などと言われていますが、これは片付けを早く済ませるための迷信という説が有力ですね。

では早速雛人形の正しいしまい方を8つのポイントに分けご紹介していきます!!

1. 天気がよく乾燥した日にしまいましょう


雨の日など湿気の多い日にしまうと湿気も一緒に箱に入ってしまい、カビの原因なりますので乾燥した日が最適です。

2. しまう前にホコリなどを落としましょう
毛ばたきなどで顔や着物についたホコリを払って綺麗にします。

3. 雛人形の小物を取り外しましょう
小物は小さくてなくしやすいので、なくさないように注意してください。誰の小物か一目で分かるよう袋などに入れておくと便利です。写真を撮っておくのもいいと思います。

4. 雛人形の顔に直接触らず、手袋などをしましょう
雛人形の顔に直接手で触れてしまうと、手の油が指紋として付いてしまう可能性がありますので、必ず手袋などをしてから触るようにしてください。

5. 雛人形の顔は柔らかい布などで包みましょう
雛人形の顔は髪に注意して柔らかい布などで優しく包みましょう。また、型崩れを防ぐために体も同様に包むことをオススメします。

6. 飾った下の段から収納しましょう
上の段からしまうと下の段に注意しなければなりません。そのため下の段から収納すると効率的に早くしまえます。

7. 防虫剤をいれましょう
直接雛人形に触れないよう箱の隅などに防虫剤を入れましょう。防虫剤については、人形専用の防虫剤を使用するようにしてください。一旦使った防虫剤は継続して使うことが重要です。また、種類の違う防虫剤を入れると化学変化が起こる場合があるので注意してください。

8.ケースは何処にしまえばいいの?
収納ケースは押し入れの上段や天袋など、風通しがよく、直射日光が当たらず、寒暖の差があまりなく、乾燥しすぎない場所が適しています。

これら8つのポイントを押さえておくと手間取らずに雛人形をしまえ、綺麗な状態で保存できると思います。正しいしまい方をシッカリ覚えて、女の子の末長い健康と幸せを祈る雛人形をいつまでも大切にしてください。

2017年2月14日

 

最新トピックス

バックナンバー

雛人形カタログ・五月人形カタログ請求 無料でお届けいたします!

フォームからカタログ請求

福田屋人形店は日本人形協会と全日本人形専門店チェーンの正会員です。
日本人形協会 正会員
全日本人形専門店チェーン 正会員