お問い合わせ 電話番号:0466-23-3131

五月人形の作家をご紹介

加藤鞆美

加藤鞆美

日本武具甲胄研究保存会会員 東京都指定伝統工芸士。
和紙小札による時代考証作りの第一人者。

鈴甲子雄山

鈴甲子雄山

「雄山」は四代目まで続く名門甲冑工房。全国新作節句人形コンクールにおいて内閣総理大臣賞 特別賞受賞。東京都知事より青年優秀技能賞受賞。四代目「雄山」は「壱三」の名で、「わんぱく大将」シリーズを製作する人気人形師としても知られている。

別所実正

別所実正

銅、真鍮等を素材にすべて手造りに加え、 手彫り彫金により本金仕上げの作品は業界第一人者。

平安道齋

平安道齋

全国新作節句人形コンクールにおいて内閣総理大臣賞、通商産業大臣賞、数々を受賞。東京都知事より最優秀技能賞を受賞。東京都伝統工芸士に認定される。機会ある度に日本全国に所蔵される鎧・兜を実地に調べ研究精進を重ねている。平安道齋では昔ながらの鎧・兜を忠実に再現し飽きのこない伝統的な甲冑を造り続けています。

平安一水

平安一水

伝統技法を守りながらも常にその技術、技法及び原材料の調査研修を行い、技術、品質の維持向上を図っていることが認められ、経済産業大臣認定伝統工芸士の資格を得る。技術継承者として錺甲冑師 第三代 平安住一水となる。社団法人 日本人形協会より業界功労賞の表彰を受ける。

平安武久

平安武久

京都の伝統的製法による、本金箔押うるし白檀塗小札の本物志向による京製鎧・兜の製作一人者。

粟田口清信

粟田口清信

昭和33年:先代甲冑師 粟田口清信に師事。
平成元年:通商産業省認定の伝統工芸士資格取得。
平成5年:粟田口清信襲名。
平成13年:京都府伝統産業優秀技術者知事表彰受賞。
平成13年:近畿伝統産業振興事業により近畿経済産業局長表彰受賞。
平成14年:イタリア57MIA 京都の伝統文化紹介甲冑出品。

平安光雲

平安光雲

父初代、平安光雲に師事。父の作風を引き継ぎ、京の匠としての評価が高い。現在、京都東山知恩前白川畔で製作にとりくみ、京都業界の期待を一身に担っている。

平安光義

平安光義

京都御所の御抱え有識師として十九代目。五月人形師として、京都伝統産業技術を継。その作品の格調と品位は他に類をみない逸品として高く評価されています。

 

福田屋人形店は日本人形協会と全日本人形専門店チェーンの正会員です。
日本人形協会 正会員
全日本人形専門店チェーン 正会員

↑このページの上へ