お問い合わせ 電話番号:0466-23-3131

五月人形

五月人形は男児の健康を願って。
福田屋人形店では場所を取らないコンパクトな五月人形から、名匠が手掛けた五月人形の逸品、実物を忠実に模写した本仕立まで各種五月人形をご用意。五月人形の品数・品質・価格とも神奈川随一。五月人形の素材・造り・作者を見比べて、是非当店の五月人形をお選びください。

全ての五月人形(鎧・兜)が一流メーカー・作家と直接取引なので、アフターサービスも万全です。五月人形のカタログは2月末頃よりお届けしています。無料ですのでお気軽にお申し込みください。

コンパクトな五月人形から、名匠が手掛けた五月人形の逸品まで

10号彫金出世兜ケース入り 11号伊達政宗兜ケース入りセット 10号彫金伊達政宗兜ケース入りセット 10号彫金龍虎兜ケース入りセット
13号彫金銀色兜収納飾りセット一式 25号兜龍虎二曲屏風収納飾りセット一式 8号白銀龍収納飾りセット一式 10号半月兜収納飾りセット一式
和紙小札福田屋オリジナル1/3那須与一宗高兜飾りセット一式 5号梶の葉前立兜飾りセット一式 10号オリジナル武者兜飾りセット一式 福田屋オリジナル18号革一閑張兜飾りセット一式
1/4白銀伊達政宗胴丸鎧飾りセット一式 10号本仕立徳川家康胴丸革鎧飾りセット一式 12号宝冠大鎧焼桐二段飾りセット一式 15号本金箔押総裏白檀塗大鎧飾りセット一式

福田屋人形店では、著名な作家が手がけた五月人形を取り扱っています

加藤鞆美 鈴甲子雄山 別所実正 平安道齋 平安一水 平安武久 粟田口清信 平安光雲
加藤鞆美 鈴甲子雄山 別所実正 平安道齋 平安一水 平安武久 粟田口清信 平安光雲

*五月人形の作家については 五月人形 人形作家 のページをご覧ください。

五月人形の由来

奈良時代、宮廷では五月五日を菖蒲の節会(せちえ)と言って、天皇の前で武術を競ったり病気や災いを祓(はら)う式日でした。 やがて、政治の中心が朝廷から武家へ移る鎌倉時代・室町時代になると、甲冑(かっちゅう)や刀、槍などの武具を飾って武運長久や立身出世を願う勇壮な武家社会の儀式として定着しました。それが一般に広まったのは町人文化が華開く江戸中期のころで、男の子が生まれると、武家にあやかり家の前に武具や鯉のぼりを飾り立てて盛んに祝ったそうです。その後、外に飾っていたものを家の中に持ち込んで飾る、いわゆる「座敷飾り」が主流になり、次第に様式を整えて現在の五月人形の飾り方が完成しました。また、補足ですが、昔から「長男として生まれた子どもには鎧を贈る」習わしがあります。鎧は具足(ぐそく)と呼ばれ、物事が過不足なく揃っているという意味があります。つまり「恵まれた人生を謳歌する」ことを意味しています。

*五月人形の種類や飾り方、しまい方、決まり事は 五月人形 FAQ のページをご覧ください。

雛人形カタログ・五月人形カタログ請求 無料でお届けいたします!

PDFカタログ

フォームからカタログ請求

 

雛人形カタログ・五月人形カタログ請求 無料でお届けいたします!

フォームからカタログ請求

福田屋人形店は日本人形協会と全日本人形専門店チェーンの正会員です。
日本人形協会 正会員
全日本人形専門店チェーン 正会員

↑このページの上へ